2013年8月2日金曜日

Aso ironically uses "Nazis" as a bad example

全体からすれば、「ナチスの手口」は皮肉ったとわかるが(会場も笑っていた)、切り抜くとやはり最悪の発言になる。しかし、確かに麻生さんの引用も軽率だけど、日本のマスコミも国際的な中での日本の見られ方を少し考慮して、誤解される見出しはやめようよ。


What Minister Aso spoke at the Research Conference on Sunday

(About a constitutional reform) "As I said in the beginning, I don't want to change the  Constitution in the frenzy of the moment. Please listen to me, and see things objectively and approach the situation rationally so that the Constitution will be reformed standing on public opinion. Otherwise, we might make a mistake. Finally, as the issue of two-third (※required number for constitution reform and it is the reason why the Constitution has never been changed in Japan), Hitler was an elected politician under the democracy. Many people have the false impression, but Hitler didn't use military force to take the reins of government. He hold a majority in the congress under the Weimar, which is known as the advanced constitution at the time. I'm afraid it might happen even though the Constitution was good. We should bear in mind: We have been saying we change the Constitution in an unemotional manner, then how we manage the issue. It is your responsibility to choose the members of  an assembly and monitor them."

"I never forget the first day, on the 28th of April in 1947, I visited to the Yasukuni-Shrine. It was  the independence day and my grandfather (Japanese Prime Minister Yoshida) took me to the Shrine. Since then I have been visited the Yasukuni at least once a year. Everyone went to the Yasukuni before, including all memebers of minister.  I wonder why the Prime Minister and Foreign Minister can't visit to the Yasukuni now?  Since when?  It is because of the mass-media. (Applause)  The mass media created a commotion like as a political issue in order to criticize the politicians. Then China had started to lodge a diplomatic protest (in 1978). So does Korea. Why don't we do it (visit to the Yasukuni) calmly?  As I told the Weimar Constition, which was changed during Nazis' era and nobody focused on that issue,  So why don't we do the style (= don't focus on the Yasukuni)?  (The audience laughed at the ironical remarks.) "

※What is the "Yasukuni", which some countries misunderstand.
http://beenstudying.blogspot.jp/2013/08/the-facts-of-yasukuni.html

※Taro Aso is a politician known as a direct communicator. Some people like his humor, but some people hate his black humor. Additionally, there is a long battle between Aso and the media, so this may be one of a series of the battles in Japan.  The media won this time, since Aso took his remark back., says "It is not such (admire Nazis) meaning, but I retract my remark lest there be any misunderstanding."

I don't think it is a nice joke, but he is not admiring Nazis at all.



麻生副総理の発言(テレ朝、報道ステーションより)

憲法改正について、「一番最初に申し上げたとおり、うぁ~っとなった中で、狂騒の中で、狂乱の中で決めて欲しくない。ちょっと皆さん、よく落ち着いて我々を取り巻く環境はなんなんだと、この状況をよく見てください、という世論というものの上に憲法改正は成し遂げられるべきなんだと。そうしないと間違えたものになりかねないと思うわけです。最後に僕は今(憲法改正の発議要件)3分の2という話がよく出てくるんですけども、じゃあ伺いますが、ドイツはヒトラーは民主主義によってきちんとした議会で多数を握って出てきたんですよ。ヒトラーというのはいかにも軍事力でとったように言われるが、全然違いますよ。ヒトラーは選挙で選ばれたんですから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違えないで下さいね、これ。そして彼はきちんとワイマール憲法という当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあってヒトラーが出てきた。常に憲法がよくても、そういったことはありうるということですよ。ここはよくよく頭に入れておかないといけないんであって、私どもは憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けきていますけど、その上でこれをどう運営していくか、これは皆さんが選ぶ、投票する議員の行動であったり、その人達が持ってる見識であったり矜持であったり、そういったものが最終的に決めていく」

「僕は忘れもしません4月28日、昭和27年、その日から今日は日本が独立した日だからといって靖国神社に連れて行かれた。それが私が初めて靖国神社に参拝した記憶です。それから今日まで結構、年くってからも毎年1回必ず行っていると思いますけれども、そういったようなものでいたときにワーワーワーワー騒ぎになったのはいつからですか。昔は皆静かに行っておられましたよ。各総理大臣も皆行っておられたんですよ。いつから騒ぎにしたんですか。マスコミですよ。違いますか? (拍手) 騒がれたら中国も騒がざるを得ない、韓国も騒ぎますよ。だから静かにやろうやと。憲法もある日気が付いたら、ドイツの話をさっきしましたけども、ワイマール憲法もいつの間にか変わっててナチス憲法に変わってたんですよ。誰も気が付かないで変わったんだ。あの手口を学んだらどうかね。(会場笑う)」 




※昨晩急いで書いたので、ちょいちょいエラーがあります。と言わないと申し訳ないくらいアクセス数が多いです。自分で気付いた部分は直しました。。。


2 件のコメント:

  1. 大変素晴らしい記事をありがとうございました。あちこちで引用させて頂きます。

    http://kumo.typepad.jp/

    返信削除
  2. 焦燥感にかられて英訳をしましたが、甲斐がありました。
    大臣にも落ち度はありますが、大きな誤解が国内外に及ぶことは避けたいですよね。

    返信削除